全社員・70名余分の似顔絵を描きました!

番組制作会社様のコーポレートサイト内に、スクリプトを使って全社員を出演させたい!とのことで、全社員分の似顔絵を描きました。当時、社員数は約70名。とにかくスピードが求められたので、期待に答えるべく超スピードで仕上げました!

似顔絵ができるまで

似顔絵を描く場合、大きく分けて2つのパターンがあります。

1つは住宅展示場やデパート、ショッピングモールなどの皆さんも1度は目にしたことのある場所で、「本人を目の前にして描く」パターン。

もう1つは、「写真を頂き、それをもとに仕上げる」パターン。

前者の 「本人を目の前にして描く」パターンの際は、デジタルではなくコピックを使って、色紙に1人あたり10分程度で描く、といったことをしていました。まぁとにかく肌色と茶色の減りが異常に早い!!w

後者の 「写真を頂き、それをもとに仕上げる」 パターンの場合は、落ち着いて制作作業ができるものの、表情や雰囲気など、実際に目にするのと写真とでは印象が少々変わってくるため、写真の表情をそのままイラスト化する形になります。ですので、普段の表情と少し違うような写真だったりすると、当然イラストの印象も少し変わってきてしまいます。
とはいえ、デジタルでの納品が可能ですので、お好きなサイズで出力したり、加工やSNSなどでのシェアといった扱いやすさがウリです。修正が発生しても、アナログよりも柔軟に対応が可能です。

アナログ・デジタルにかかわらず、Webサイトや年賀状・名刺、プレゼントやイベントなど、様々なシーンで利用できる似顔絵は、インパクトもありおススメです!

0