オリジナルイラスト「夏の記憶」は、2018年映像機器メーカー・EIZO様主催のイラストコンペに応募した作品です。コンペテーマは「夏休み」でした。

テーマから構図を考える

まずはテーマが「夏休み」ですから、当然「夏」や「夏休み」に関わる内容でなければいけません。また、応募方法はTwitterへの応募用タグ付けによる投稿でした。このあたりもきちんと考えておきたいところです。

まず最初に、このテーマにどのような要素が必要になるのかを考えてみました。

必要な要素はおそらくこんな感じ!
・見た人が共感できる「夏の要素」があること
・「夏休み」がテーマなので、小さい頃の記憶ほど共感を呼びやすそう
さらにコンペの状況を戦略的に考えると…
・EIZO様のディスプレイでの発色が豊かになるような色使い
・ディスプレイに表示することを考えイラストの向きは横
・投稿してTwitterサムネイルで見栄えするような色・構図

このあたりまでは前提条件かなと考えました。

様々な色使い・発色の良さ…などを考えると、「夏休み」のモチーフがたくさん入っていた方が必然的に色数が増えそうです。同時に賑やかになりますので、サムネイルでもある程度見栄えもするでしょう!

こういった条件から「過去の自分の夏休みの記憶が、頭から溢れ出している」というテーマか、「海中をモチーフにして、その中で過去の夏休みの記憶に出会う」テーマ、どちらかかなと考えました。

正直これは途中の思考をだいぶすっ飛ばしてるので、ちょっと意味わかんないと思いますが…笑

こちらが最初に考えていたラフです。海中を表現するのに、左側にいる女性の髪の毛が広がって、海の中になるような表現にしています。

左脇にスペースがちょこちょこ目立つので、「メッセージを入れるためのスペースとして考えると、絵ハガキとしてはありかな」と思いましたが、絵ハガキを作っているわけではない!!

こちらが最終案のラフです。中央に女性を置いたシンメトリーな構図と、その上に浮き輪にのった「記憶の中の自分」、打ち上げ花火とひまわり、鳥居の色味を鮮やかにすることで、小さくなっても目立つようにしています。

打ち上げ花火はモチーフとしても非常に好きなので、どうしても描きたかったのですが、背景をすべて夜景にしてしまうとカラッとした「夏の空」や「夏の暑さ」が表現しづらくなり、他のモチーフが活かしきれない。

そこで想像の中の空間ということを活かし、花火が上がっている空間部分だけ夜景にし、ほかは青空に変更しました。こうすることで、左右に入道雲を入れたり「夏の暑さ」や「さわやかさ」を表現することが出来ました。

入れたいモチーフはすべてそろった!

ちなみに屋台に使っているテキストは「Design Cuts」様にて購入した和風フォントです。(現在は販売していません)

完成!

最終講評

こうして作品は完成、審査員であるpomodorosaさんからはこのように評価していただけました!

うわぁぁぁぁ!!なんか惜しい!!けどめっちゃくちゃ嬉しいぃぃ!!

「夏休みの雰囲気」がもう少し出せていれば…という後悔の念は若干残りますが、精いっぱい描き切れたという意味では、このイラストに関しては満足です。

構図やモチーフ、テーマについてはかなり考え抜きましたので、その点が評価されたのは自分にとって意味がありましたし、何より自信になったのが良かったですね。

おまけ

ちなみに、一番最初に考えていた「ディスプレイに表示することを考えイラストの向きは横」という条件、イラストをディスプレイに表示するとこんな雰囲気になります。

左右、めっちゃ余ってるじゃんーー……

…途中でうすうす気づいてたんですけどね、「これもしかしてA4じゃないか?」って…笑

詰めが甘いぞ…!!!

個人での制作ももっと頑張っていくぞー!(/・ω・)/

+2